使い方について

名刺プライベート名刺をどのようにして使うのかということですが、これも特に決まりがあるわけではありません。ただ、基本的にはビジネスでは使わないケースがほとんどだと思いますし、プライベートで仲良くなった方などに渡すことがほとんどでしょう。趣味の集まりなどに参加している方だとそうした場所で配ることもあるようですし、とにかく仕事以外のところで知り合った方、プライベートで仲良くしたい方などに手渡すケースがほとんどです。ただ、先ほども言ったように決まりがあるわけではありませんからこの辺は比較的自由です。

誰に渡すかということも決まりはありませんが、やはり仲良くなりたい方、もっと親しくなりたい方、SNSなどで繋がりたい方に渡すのが一般的でしょう。仲良くなりたくない人に渡してしまうと面倒くさいことになりますし、そのような人には渡さないほうが良いかもしれません。プライベート名刺とはいえさまざまな個人情報も記載されているわけですし、なるべく個人情報を知られたくないという人には渡さないほうが良いでしょう。プライベートでもっと仲良くなりたい人、共通する趣味などがある人などに渡すようにしておけば特に問題も発生しないのではないでしょうか。

記載する内容

QRコード

プライベート名刺はあくまでプライベートで使用する名刺です。個人的に仲良くなった方、親しくしている方、趣味で出会った人などに渡すのがプライベート名刺です。そのため、ビジネスで関わる人にプライベート名刺を渡すということはあまり考えられません。では、そんなプライベート名刺にはいったいどのような情報を記載すればいいのかということですが、これも正直人によってまちまちです。ただ、それでは元も子もありませんから、ここではプライベート名刺に記載されることが多い主だった情報をご紹介しましょう。

自分の氏名は当然載せますが、本名だけでなくニックネームやSNSなどで使用するハンドルネームを記載することも多い傾向にあります。また、携帯電話番号やLINE、メールのアドレス、SNSのアカウントを記載することも多いですね。SNSを普段からコミュニケーションツールとして利用している方だとSNSのアカウントは必須でしょう。QRコードでアカウントを友だち追加できるようにしている方もいます。ほかにも自分の趣味を記載したり、所属しているサークルや団体の名前などを載せることもあります。顔写真を載せているケースもありますね。工夫次第で自由にできるのがプライベート名刺の魅力でもあります。

プライベート名刺

名刺名刺と聞くとまず思い浮かぶのはサラリーマンやビジネスマンが名刺交換しているようなシーンではないでしょうか。ビジネスマンにとって名刺交換は日常的に行うことでしょうし、名刺は大切なコミュニケーションツールでもあります。こちらのことを印象付けるために名刺に工夫をしている方も少なくありませんし、名刺一つにもその人の個性や考え方などがにじみ出ています。

どうしてもサラリーマンやビジネスマンが使うツール、といった印象を持ってしまいがちな名刺ですが、現在ではプライベート名刺を所持する方も増えてきました。プライベート名刺とは読んで字のごとくプライベートで使用するための名刺です。ビジネスマンが使う名刺はあくまでビジネスで使用するものですし、自分の氏名以外に会社名、部署名、代表電話などが記載されています。プライベート名刺はこうしたビジネス用の名刺とは異なりますし、記載される情報も違ってきます。

ここでは、プライベート名刺に興味があるという方に向けた情報を発信したいと思います。プライベート名刺にはどのような内容を記載すればいいのか、どのような使い道、利用シーンがあるのかといった内容についても触れますから、興味がある方はぜひ目を通してください。プライベート名刺を持っておくとさまざまなシーンで重宝できますし、ビジネス以外で人脈を広げることも可能となるでしょう。プライベート名刺を活用して人の輪をさらに広げてくださいね。